【観光スポット】ユールゴーデン島のおすすめスポットまとめ9選

ストックホルム中心部からほど近いエリアにあるユールゴーデン島は、地元の人の都会のオアシス的存在の美しいエリア。

広大な王領地内に広がる公園、博物館、宮殿など見どころが多くあります。

博物館島というニックネームがあるほど、数多くの博物館があり、一日では回り切れないほど見どころが盛りだくさん!

遊園地や子供向けの施設も多くあるので、週末は多くの家族連れでにぎわっています。

今回はユールゴーデン島のおすすめ観光スポットをご紹介します。

目次

スカンセン野外民族博物館

スカンセン野外民族博物館

世界最古の野外博物館であるスカンセンは、1891年にオープンしました。

伝統的な建物が並ぶ町並みが移築されており、そこでスウェーデンの文化を体験できるイベントや伝統行事が開催されています。季節に応じでクリスマスマーケットや夏至祭なども。

また北欧に住む珍しい動物達も飼育されており、観光、グルメ、ショッピングと見どころ満載です。

スカンセンについてもっと知りたい方はこちら
■ スカンセン野外民族博物館(英:Skansen Open-Air Museum )
 (ス:Skansen スカンセン)
■ 時間:10:00 – 16:00(夏季18時まで) ※季節により異なる
■ 料金:料金: 125 SEK~195 SEK  ※季節により異なる
■HP:公式サイト
■ アクセス: トラム7号線、バス67番Skansen下車
■ 地図:https://goo.gl/maps/FqhqSxEoQuC2

ヴァーサ号博物館

ヴァーサ号は現存する唯一の17世紀の船です。グスタフ・ヴァーサ王の名に負けぬほど豪華絢爛な戦艦で、初めての航海ですぐに沈没してしまった歴史を持ちます。1956年に引き上げられるまで、333年も海底で眠りについていました。

地元の人にストックホルムのおすすめを聞くと、ヴァーサ号博物館が挙がるよ。
■ヴァーサ号博物館 (英:Vasa Museum)
 (ス:Vasamuseet ヴァーサ ミューシエット)
■時間: 1~5月、9月~12月:10時~17時、水曜日10時~20時
               6月~8月8時30分~18時 / 12月31日:10時~15時
■定休日:1月1日、12月23日~25日
■料金:大人  130SEK、子供 無料(0~18歳)
■HP: https://www.vasamuseet.se/ja
■アクセス: トラム7号線、バス67番Nordiska Museet/Vasamuseet停留所から徒歩5分
■地図:https://goo.gl/maps/SJyZRpXVLu52

ロイヤルパーク

自然溢れる王領地内にあるロイヤルパークでは地元の人や観光客が思い思いの時間を過ごしています。

島の入口の青色の門を進んでいくと、ローゼンダール宮殿と庭園へ続きます。

オシャレなカフェやレストランも沢山あるので、レトロな地図を片手に散策してみるのはいかがでしょうか?

地図PDFはこちら

■ロイヤルパーク 
アクセス:トラム・バスNordiska Museet/Vasamuseet下車
地図:Google map

ローゼンダール宮殿と庭園

ユールゴーデン島に位置し、夏季限定で公開されているローゼンダール宮殿は18世紀にカール14世ヨハンの夏の別荘として建てられたものです。

小さな宮殿ですが豪華絢爛な内装で、貴重な美術品のすぐ側まで見学できて見ごたえがありました。

宮殿の見学は 英語かスウェーデン語のガイドツアーに参加する必要があります。

ローゼンダール宮殿のすぐ近くには、 オーガニック食品を販売するカフェやお店が並ぶ「ローゼンダール・ガーデン」があります。

天気の良い日は庭園の中のカフェでコーヒーブレイクのFIKAはいかが?
■ローゼンダール宮殿 (英Rosendal Palace)
 (ス:Rosendals slott ローセンダールス スロット)
■時間: 6月上旬から8月末/12:00-15:45
■定休日: 月曜日
■料金: 大人100SEK、子供・学生50SEK/ストックホルムパス可
■HP:公式サイト
■アクセス:トラム・バスNordiska Museet/Vasamuseet停留所から徒歩20分/トラムBellmansroから徒歩10分
■地図:https://goo.gl/maps/x482cH1Eit72

北方民族博物館

ユールゴーデン島にある北方民族博物館は、お城のような巨大な建物。伝統的な家具や民族衣装がとっても素敵で、北欧の文化や雑貨好きにはたまらない空間です。

9月~5月の火曜日、13-17時まで、無料で入場することができます!

■ 北方民族博物館 (Nordiska museet)
時間:6月-8月9-18時、9月-5月10-17時(水曜日10時-20時)/7-8月火曜-日曜10–7 時/-
定休日:
料金:大人:120 SEK 、18才以下の子供無料/ストックホルムカード可
HP:http://nordiskamuseet.se
アクセス: トラム、バス停Nordiska Museet/Vasamuseet下車
地図:https://goo.gl/maps/PSPfjJUQsiv

トラムカフェ

ストックホルム中心部からユールゴーデン島を結ぶトラム7号線では、「トラムカフェ」と呼ばれる路面電車が運航しています。

その名の通り車内がカフェになっており、北欧のコーヒーブレイクの FIKA (フィーカ)が楽しめます。

プリンス・エウシェン・ヴァルデマシュウッデ美術館

スウェーデンの最も美しい美術館の一つヴァルデマシュウッデは、芸術に関心が高かったエウシェン王子の邸宅で現在は美術館になっています。

ユールゴーデン島の南端にある美術館は建物の裏には対岸のセーデルマルム島を一望できる絶景スポットの一つ。

エイシェン王子は芸術の収集と創作に深く興味を持っていました。王子がこだわった庭園は現在も四季折々の美しい植物が見られます。

■プリンス・エウシェン・ヴァルデマシュウッデ美術館
(ス:Prins Eugens Waldemarsudde)
時間: 11-17時(火木曜20時まで)
定休日:月曜日、スウェーデンの一部祝日
料金: 大人15SEK、子供無料(ストックホルムパス利用可能)
HP: 公式サイト
アクセス: トラム7号線Waldemarsudde下車徒歩5分程
地図:Google map

グローナルンド

スウェーデン最古で最大規模のグローナルンド(GrönaLund)は、海岸沿いに位置しておりユールゴーデン島のランドマーク的な存在の絶叫マシーンが目印です。

グローナルンドではアトラクションを楽しめるほか、コンサートや四季折々のイベントが開催されています。

ハロウィンやクリスマスシーズンにストックホルムを訪れる方必見!

■ グローナルンド遊園地 (GrönaLund)
営業日: 公式サイト
HP: 公式サイト
アクセス: トラム・バスLiljevalchs/Gröna Lund下車すぐ
地図:Google map

ABBAミュージアム

■ ABBA The Museum
時間:営業時間リンク
料金:大人260SEK, 子供95SEK(7-15歳)
HP:公式サイト
アクセス:トラム・バスLiljevalchs/Gröna Lund下車すぐ
地図:Google map

まとめ

今回は博物館島ことユールゴーデン島のおすすめ観光スポットをご紹介しました。

一日では時間が足りないほど、見どころが沢山あるエリアです。

夏期は特に自然が美しいので、ぜひ徒歩で散策してみてください!