【個性派ホテル】ストックホルムの監獄ホテルに泊まってみよう!

スウェーデンには氷で出来た部屋に泊まれるアイスホテルや森に溶け込んだツリーホテル、鉱山の地下深くにあるホテルなど、知る人ぞ知る「超個性派ホテル」がいくつもあります。

今回はストックホルム中心地にも近いロングホルメン島にある、監獄ホテルをご紹介いたします!

ちょっと変わった体験をしてみたい方にオススメです!

目次

個性的な施設やイベントのある監獄ホテル

14の島からなる水の都ストックホルムの中心部からほど近いロングホルメン島には、かつて刑務所だった建物をリノベーションした一風変わった施設があります。

現在は元刑務所がホテルやレストラン、ミュージアムとして使われており、個性的な体験のできるイベントなども開催されています。

ロングホルメン島は昔は枯れた土地で、囚人たちによって開拓された島です。今では湖と緑に囲まれた美しいエリアになっています。

1975年に閉鎖されるまで、約250年に渡って利用されていました。

元監獄のホテル&ホステル Långholmen Hotel & Hostel

ストックホルム中心部やセーデルマルム島から繋がる橋を渡りロングホルメン島へ足を踏み入れると、刑務所の名残である兵や見張り台などがそのまま残っています。

広い敷地内の一角にあるホテルの入っている建物に足を踏み入れてみると、レセプションから監獄モードです。

ホテルでパジャマとしてぜひ着てみたい!?囚人Tシャツやお土産も販売されています。

レセプションは監獄博物館の受付にもなっているので、ホテルに宿泊する予定が無い方も入場料を支払えば、内部を見学することができます。

古い映画やドラマのワンシーンに登場しそうな囚人たちの独房。

なんとこちらが宿泊者のお部屋になっています!

ホテル&ホステル宿泊料金・予約方法

ロングホルメンホテル&ホステルには、その名の通りホテル用のシングル、ダブル、ツイン、家族部屋などのあるホテルラ(Långholmen Hotell)とドミトリー部屋などのあるのホステル(STF Långholmen Hostel)の二種類があります。

人数や価格に応じてお部屋を選べます。

併設されている監獄レストラン

監獄や囚人に因んだインテリアがオシャレな監獄レストランは、ホテルと同じ建物内に入っています。

入口のいかにも監獄なテイストとは違って、レストラン内は落ち着いた素敵な雰囲気でした。

メニューはスウェーデン語と英語で用意されています。

こちらはスウェーデンでよく食べられてるニシンとポテトの料理。

ニシンの酢漬けとネギ、サワークリーム、ポテト添え(Matjesill från Norröna med gräslök, gräddfil och färskpotatis )。お値段は105クローナ。

北欧ではステーキやミートボールにもソースとジャムをかけて

こちらは「牛肉のロール煮込みとクリームソース、キュウリ、リンゴンベリー沿え」(Oxrullader med gräddsås, pressgurka och lingon)でお値段は255クローナ。

食器やインテリアもとてもオシャレだね

刑務所博物館

ホテルの一階部分が刑務所博物館になっています。

こちらではロングホルメンの約250年の歴史や当時の刑務所での生活の様子を知ることができます。

 

ホテル宿泊者は無料で入場することができます。

今はリノベーションされてオシャレな雰囲気ですが、リノベーション前の写真はまるで廃墟のよう!

■ 刑務所博物館(Prison museum)
時間: 11-16時
定休日: なし
料金: 大人 25 SEK,子供 10SEK (宿泊者無料)
HP: 公式サイト

脱出ゲーム

こちらは予約制ですが、脱出ゲームとディナーがセットとなったプランがあります。

囚人服を着用し様々なミッションを解決しながら、島の外への脱出を目指します。

アクセス・詳細

 

ロングホルメン島へはセーデルマルム島かクングスホルメン島から橋で繋がっています。

ストックホルム中央駅エリアからのアクセスは地下鉄レッドライン14号線に乗車し「Hornstull」で下車し徒歩約10分ほどです。

■ Långholmen(ロングホルメン)施設総合
HP: 公式サイト
アクセス: 地下鉄レッドライン14号線に乗車し「Hornstull」で下車し徒歩約10分ほど
地図:Google map

まとめ

今回はストックホルムの一風変わった監獄ホテルをご紹介しました!

レストランや博物館も併設されているので、個性的な体験をしたい方はいかがでしょうか?