【スウェーデン南部】古都ルンド(Lund)の街を歩いてみよう! 観光スポットまとめ【地図・詳細有】

スウェーデンの古都ルンド(Lund)は、スウェーデン南部のスコーネ地方(Skåne)の街。

中世の趣の残る美しい街並み、神秘的な天文時計を誇るルンド大聖堂で知られています。

デンマークの首都コペンハーゲンやスウェーデン第三の都市マルメから、日帰りで気軽に訪れることができます。

今回は徒歩で巡れるルンドの観光スポットやアクセス方法をご紹介します!

目次

ルンドってどんな街?

ルンドは北欧最大の大学であるルンド大学を誇る、活気ある学園都市。

ルンドは大都市のコペンハーゲンやマルメ近郊ですが、古い街並みが美しく、のんびりとした空気感が漂う街です。

ルンドの歴史は古く、デンマーク領だった時代の990年頃に設立されました。

かつては「西の都ロンドン」に対して「東の都ルンド」と称される程の重要な地で、北欧の文化や宗教の中心地として繁栄しました。

アクセス方法

ルンドはコペンハーゲンからのアクセスも良く、コペンハーゲン中央駅からルンド中央駅まで国境を越えて運航するのÖresundstågに乗車し、約一時間程。


コペンハーゲンからアクセスする場合は、現在、一時的に車内でパスポートチェックが入っています。

時間に余裕をもっておくと安心です。

マルメ中央駅からはÖresundståg またはローカル電車のPågatågenに乗車し、約12分ほどです。

詳しいアクセス方法や、マルメやルンド、ヘルシンボリを含む「スコーネ地方」の公共交通機関の乗り方についての記事をどうぞ。

ルンド観光スポット地図

ルンド中央駅(Lunds centralstation)と観光案内所

各都市から到着する電車やバスが停車するルンド中央駅(Lunds centralstation)は、「Lund C」と省略して書かれていることも多い。

駅に入っているコンビニのPressbyrånではフリーwifiが使えて便利。こちらでは、公共交通機関で利用できる交通カードやsimカードも購入可能です。

■ルンド中央駅
(ス:Lunds centralstation/ルンドセントラルスタフォーン)(英:Lund centralstation)
地図:Google Map

駅のすぐ隣にはツーリストセンターがあるので、地図や現地ツアー情報などをゲットしよう。

ツーリストセンターの隣には銀行ATMもあります。

■ルンド ツーリストセンター(Lund Tourist Center)
時間:夏期 平日10-18時、土日11-15時
   夏期以外 平日10-17時、土曜15時
定休日:夏期以外の日曜日、一部祝日
HP:公式サイト
アクセス:ルンド中央駅からすぐ
住所:Bangatan 1, 222 21 Lund
地図:Google Map

ルンド大聖堂(Lunds domkyrka)

中央駅からルンド大聖堂までは徒歩約7分程。この辺りには古い建物が保存されており、街並みが素敵なのであっという間に到着します。

ルンド大聖堂は重厚感のある石造りの教会で、12世紀に建てられた北欧最大規模のロマネスク様式の建築です。

ルンドには高いビルが建っていないので、大聖堂は圧倒的な存在感を放っています。

■ルンド大聖堂
(ス:Lunds domkyrka/ルンズ ドムシルカ)(英
:Lund Cathedral)
時間:平日8-18時、土曜9時半-17時、日曜9時半-18時
定休日:なし
料金:無料
HP:公式サイト
アクセス:ルンド中央駅から徒歩約7分
住所:Kyrkogatan 6, 222 22 Lund
地図:Google Map

大聖堂の天文時計

ルンド大聖堂内にある天文時計は14世紀に制作されたもので、時計のカラクリは12時と15時に動く仕組みになっています。

天文時計が動く10分程前に、英語とスウェーデン語でのインフォメーションが入ります。

時計の上部は24時間の時間帯、月の位置や満ち欠け、星座、太陽が沈む位置などが分かるようになって、時計の下部は20世紀初頭に作られたもので、カレンダーになっています。

カラクリは、赤子のイエスを抱く聖母マリアの周りを聖人達が周ります。

天文時計が動く時間は、こちらです。

月~土曜日12時と15時、日曜日13時と15時

■天文時計
(ス:Astronomiskt ur)(英:Astronomical clock)
時間:月~土曜日12時と15時、日曜日13時と15時

地下礼拝所の巨人

ルンド大聖堂の地下には、不思議な伝説が残されています。

伝説によると、ルンド大聖堂が建てられた時に、巨人のフィンと司祭で賭けが行われました。しかしフィンは負けてしまい、腹いせに教会の地下の柱にしがみつき、教会を壊そうとしました。しかし、そのままの状態で石の柱に取り込まれてしまった・・・とか。

地下の柱を見ると、巨人のフィンがしがみついている柱を見ることができます。

教会通り(Kyrkogatan)

ルンド中心部の賑やかなエリアは、大聖堂の前のメインストリートの教会通り(Kyrkogatan)。

この辺りには旧市庁舎などの古い建物が多く残っており、レトロな建物の中に、最新のアパレルブランドの店舗などが入っていて面白い。

H&Mなどのファストファッションのお店やカフェ、お土産店などが入っている。

この通りには17世紀に建てられた薬局にルーツを持つ素敵な薬局があるので、ぜひ覗いてみてください。

■ 教会通り(ス:Kyrkogatan/シルコガータン)
地図:Google map

屋内マーケット(Saluhallen)

ランチタイムにぜひ訪れたいルンドの屋内マーケットは、大聖堂から徒歩5分ほどの場所にあるモダンな建物の中に入っています。

北欧ならではの食材や地元の新鮮な魚介類や野菜が並んでおり、見ているだけでも楽しめる。

レストランやちょっとしたイートインスペースがあるので、ちょっと軽食を取りたい方にもおすすめ。

北欧のオープンサンドイッチ、スモーブロー(Smörrebröd)は、旅行中に試してみたいものの一つ。

サーモンやチーズ、アボカド、エビなどがたっぷりと乗っている。

■屋内マーケット
(ス:Saluhallen/サ-ルハーレン)(英:Market Hall)
時間:平日10-18時(木金19時まで
)、土10-15時
※レストランは施設により営業時間異なる
定休日:日曜日
HP:公式サイト
アクセス:ルンド大聖堂から徒歩約5分
住所:Mårtenstorget 1, 223 51 Lund
地図:Google Map

ルンド公園(Lundagård)

大聖堂のすぐ側にはルンド大学の一部のルンド公園が広がっています。

16世紀半ばに建てられたフレドリック2世が建てた王の家(Kungshuset)が、公園の中央に残されています。

■ルンド公園(Lundagård)
地図:Google Map

大聖堂の見えるカフェ

教会の間の前にある素敵な建物の入っているカフェからは、大聖堂を眺めながら食事をすることができます。

天文時計が動く時間までの待ち時間にも便利な立地です。

■Köket I Lund
地図:Google Map

クルトゥーレン(Kulturen)

大聖堂から少し歩くと、野外民族博物館のクルトゥーレンがあります。

17世紀から19世紀の民家や教会などが集められており、季節のイベントや伝統行事を体験することができます。

■クルトゥーレン(Kulturen)
HP:公式サイト
地図:Google map

まとめ

今回はスウェーデンの古都ルンドの観光スポットをご紹介しました。

街並みがとても素敵なので、ぜひ徒歩での街歩きを楽しで見てください!