【長期旅行の準備】ヨーロッパ周遊の持ち物リスト/服装、バックパック、カメラ、防犯グッズなど

1か月のヨーロッパ周遊旅行の準備・持ち物リストをまとめてみました。

バックパッカースタイルの旅行はホテル宿泊より荷物が増えるので、コンパクトに収まるようにいろいろと工夫。

衣類などは最低限だけを準備しましたが、電子機器やカメラグッズが多めかも。

万が一のカメラやケータイの盗難や紛失に備えて、写真のバックアップは必須です!

RIO
旅行出発前にチェックできる確認リストを作りました♪

女性目線ですが、私が買ってみて便利だった商品なども紹介してます。

目次

 

長期旅行の準備・持ち物チェックリスト

※旅の持ち物リストを印刷する。(2-4 ページ目が持ち物リスト)

Print Friendly, PDF & Email

 

        出発前の事前準備
確認事項 MEMO
  パスポート、ビザの確認 パスポートの期限、入国にビザが必要か確認  外務省HP
  航空券の手配 (orパッケージツアー予約)  
  ホテルの手配  Booking.comで使える「2000円のクーポン」はコチラ
  現地ツアーの申し込み  現地催行のツアーを探す
  空港からの交通手段の確保 シャトルバスや送迎を探す
  海外旅行保険に加入  
  クレジットカードを準備 2枚。北欧ではカードしか使えないお店もある
  国際キャッシュカード(デビットカード) 審査なしで誰でも作れる。VISA機能付き
  現地通貨の準備  
  海外データ通信サービス WiFiレンタルSIMカードの購入
  荷物
  スーツケース  長期旅行はキャスター付きバックパックがオススメ
  サブバッグ  ななめ掛けできるものが◎
  折り畳みボストンバッグ  買い物時に便利。スーツケースに乗せれる
  デジタル量り  持ち込み荷物の重量オーバー防止に
  コンパクト折り畳み傘 吸水ケース付きの物がオススメ
  ボールペン、メモ  言葉が通じないときに役に立つ。防犯グッズになるペンもアリ
  飛行機セット  アイマスク、マスク、耳栓、ネックピローなど
  コンタクト・眼鏡 コンタクト保存液を忘れないように
    電子機器・カメラ
  スマホ、パソコン  画面割れ防止シートで悲劇を防ぎましょう!
  大容量モバイルバッテリー  ケータイに数回充電できる。Macbookまで充電対応
  一眼レフカメラ  Canon のEOS Kiss X7を使ってます。とにかく軽い!
  スポーツカメラ  雨の日に濡れても平気!動画撮影用
  スマホ用カメラレンズ  スマホのレンズに装着して、カメラのクオリティーUP
  予備SDカードポータブルHDD  大量に写真を撮るので必需品
  ミニ三脚  星空撮影ができるボール雲台付きタイプ
  海外変換プラグ  1つのプラグで150カ国対応のグローバルプラグも便利
  USBハブ(たこ足)  ホテルのコンセントが少ない場合に(ドミトリー必需品)
  タブレットまたはKindle  ガイドブックは全部電子書籍にするとコンパクトなので
  折り畳みキーボード  Ipadやケータイでブログを書くのに重宝してます
  海外対応ドライヤー  服を乾かしたりするのにも使える。
   防犯
  【防犯】ウエストポーチ  パスポートや現金を服の下に隠せるポシェット。スキミング防止に
  防犯ブザー  防犯ブザーに見えないデザインのを買いました。
  カラビナ  ケータイや貴重品を繋ぐ用
  南京錠  ホステルのロッカーやカバン用
  ワイヤーロック  乗り物に乗車時や荷物から離れる時の盗難防止に
    薬・化粧品など
  メイクセット 普段より少なめ、まゆげが消えない眉ティントが大活躍
  日焼け止め  
  虫よけリング 温暖な国では虫よけリングが重宝
  シャワーセット一式& 歯磨き  現地で買えるので、数日分を漏れ防止の詰め替えボトルで持参。
  ポケットティッシュ、除菌シート 除菌ジェルがあると便利。
  薬セット 胃薬、下痢止め、痛み止めなど、生理用品数日分(現地で買える)
    洋服
  洋服 服は現地で買えるので少なめでもOK
  部屋着・下着  
  移動着 機内では楽なワイドパンツが便利
  ライトダウン  ユニクロのライトダウンは必需品
  ウインドーブレーカー レインコート代わりになる防水・フード付きのもの
  ヒートテック  
  大判スカーフ、スカーフ  温度調節、教会やモスクに入る時の露出を隠すのにも◎
  スニーカー  中々洗えないので、衝撃吸収タイプの中敷きが便利。
   ガイドブック・語学関係
  ガイドブック 地球の歩き方が一冊あれば万能 
  指さし会話帳  英語が通じない国で使える(アプリも有り)
     ドミトリー・ホステル 必需品
  速乾性バスタオル、タオル  ワンピース型になるバスタオルが便利すぎた
  ビーチサンダル  ★シャワールームや部屋で利用(重要)
  旅行用洗濯洗剤(ジェルタイプ)  軟水・硬水の国に対応。一体型の洗濯紐&クリップも◎
  S字フック  2個。ちょっとした選択物や荷物を掛けるのに重宝
  携帯湯沸かし器  簡単にお湯が沸かせて便利。
   ステンレスタンブラー  物価が高い国だとコーヒー代が痛いので。スティックコーヒーが便利。

※旅の持ち物リストを印刷する。(2-4 ページ目が持ち物リスト)
 

Print Friendly, PDF & Email

あまり使わなかったもの

上記のリストに入れなかった、あまり使わなかったものです。

・自撮り棒→ケータイレンズにつけるセルカレンズで充分だった。

・海外用ヘアアイロン→コテなしで巻き髪ができる方法を見つけた。

持って行けばよかったもの

現地で買えるけど、持っていけばよかったなーと思ったもの。

・絆創膏→現地で買えるけど、小さなパックが無かった。

ステンレスタンブラーコーヒースティック物価高の国で、公園で一人ランチやカフェをしたので(笑)

・お米 & ふりかけ→ 味の濃い料理に飽きてきて、お米が食べたくなった。(米は現地で買えるがふりかけが手に入らない!)

荷物準備

今回のヨーロッパ周遊旅行は、カメラや電子機器を沢山持っていくので、キャスター付きのバックパックを選びました。

石畳の続く旧市街地区でスーツケースを転がすのは、本当に大変!しかもゴロゴロと騒音で申し訳ない気持ちになるので・・

サブバッグはパソコンが入るサイズの2way bag。街中でも使えるデザインなので気に入ってます。 

私は荷物が少ないので、一週間くらいの旅行は、機内持ち込みサイズのキャスター付きバックパックだけの時もあります。


LCCに乗る時は、荷物を一つにまとめるのに便利!

バックパックの荷物は、トラベルポーチと圧縮袋でコンパクトに収納。
化粧品やお酒などを持ち帰る時に、万が一割れた時の為タオルに巻いて圧縮袋に入れてます。

お土産で荷物が増えるので、折り畳みボストンバッグも準備。

電子機器・カメラ

ブログを書き始めてから、写真を撮るのが好きになったのでカメラグッズが多め。

初心者向けのCanon のkiss x7を使ってます。シャッターを押すだけでこれだけ綺麗なので大満足。

セルカレンズやスポーツカメラ(アクションカメラ)は、広角写真が撮れるので建物全体の写真が撮れるので必需品です。

Go Proが欲しかったのですが、高いので7千円ほどのスポーツカメラを購入。

RIO
雨の日にケータイとかカメラを出したくないので、水中撮影もできるスポーツカメラなら安心。

同じ位置から撮影した写真で、左がスポーツカメラで撮影、右側が一眼カメラで撮影したもの。
ちゃんと屋根が切れずに写っていますね。

スマホのレンズに装着するセルカレンズも広角撮影用に購入。

 

左が一眼カメラ、右がセルカレンズを使って撮影した写真です。

 パソコンを持って行かない時は、代わりに折り畳みキーボートを使っています。
I padやケータイからブログを書くのに重宝。

海外変換プラグは必需品。世界150カ国対応のグローバルタイプも便利。
USBポートが4つあり同時に4台充電できるので、ドミトリールームでコンセント争奪戦に勝利ですね。

こちらは、ひとつの差込口で三台を急速充電可能です。
そのうち一本はデータ転送にも使えるので最強!

ドミトリー宿泊の時はコンパクトなトラベルドライヤーを持って行きます。
今までにホステルでドライヤー借りれない&貸し出し中って事が多かったので。

防犯グッズ

パスポートやクレジットカードや現金を入れて置くセキュリティーポーチ。

あまり使わないけど、バスや鉄道で長距離移動する時は使ってます。

女性用のスカートタイプのセキュリティーポーチは、Clubや夜遊び用に。

大き目サイズの南京錠×1と普通サイズの南京錠×2

ワイヤーロックは電車やバス、トイレで荷物から離れる時などに、スーツケースを荷台や柱と繋ぐ用。

防犯ベルに見えないブザーは、そのままカバンに付けて使ってます。

ガイドブックなどの本は荷物になるので、Kindle版で読んでいます。

イタリアの田舎町は想像以上に英語が通じなくて、指さし会話帳が役立ちました。

ホステルやドミトリー宿泊の必需品

ホステルではバスタオルは用意されていない事が多いので、バスタオルやタオルが必要。乾きやすいマイクロファイバータオルがおすすめ。

ワンピースタイプのバスタオルは、共同シャワーや海で着替える時に役立ちました。

洗濯グッズは旅行用のジェル用の選択洗剤が分量調節できて使い易い。

自炊セット

物価の高い北欧などでは、自炊セットが大活躍です。

日本の調味料が高いので、ふりかけや塩と醤油、だしの素、味噌など必要なものを詰めます。

旅行用の詰め替えボトルで、調味料を持っていくと漏れる心配なし。

毎日のコーヒー代が物価の高い国など厳しいですよね。

タンブラーはスープなどを入れておけるので、お弁当用にも〇。

フライトのストレス軽減グッズ

寝顔を見られるのが嫌なので、顔が隠れるフード付きのフライトピローが大活躍。

足が短いので(笑)、床に足がつかずに疲れるので、飛行機で使える足置きを使っています。

まとめ

今回は長期旅や一人旅の持ち物リストをまとめてみました。

私は現地で自由に歩き回りたい派ですが、出発前に色んな会社の料金やサービスを比較してから予約しています。

RIO
次回は、個人で予約に使っているサイト&お得なサイトをご紹介します。