【ヨーロッパLCC搭乗記】ノルウェー・エアシャトル(Norwegian Air )/ストックホルム→プラハ片道38ユーロ!

北欧を拠点にヨーロッパ各地への格安フライトを運行しているノルウェー・エアシャトルは、物価の高いヨーロッパでお得な移動手段です。

約二時間のフライトでお値段は片道38ユーロと衝撃の値段。日本円で約5000円ほど!

今回はストックホルム→プラハ間の約二時間のフライトの搭乗機を書きたいと思います。

目次

ノルウェー・エアシャトルのWEB予約方法

ノルウェー・エアシャトルがおすすめの理由

物価の高い北欧やヨーロッパ諸国を格安で移動できるのが一番のポイント。

機内持ち込み手荷物が10kgまで、無料でWiFiが利用できる、予約が簡単でスムーズにチェックインできる所が気に入っています。

セルフチェックイン

搭乗券発券

カウンターでのチェックインも可能ですが、並ばずに住むのでセルフチェックインが便利です。

操作も簡単で、まずは予約した航空会社を選択する。

EチケットのQRコードをかざす、または予約番号を入力しパスポートをスキャンします。

預入荷物がある場合は個数を入力すると、チケットと一緒に預入荷物に貼るシールがプリントされます。

チケットにはゲートが書いてなかったので、電光掲示板で確認。

LCCだけでなく、普通の航空会社もセルフチェックインがあるので、日本の空港みたいに並ばなくていいのが嬉しいところ。

預入荷物のチェックイン

預入荷物がある場合は、搭乗する航空会社のカウンターまたは、セルフでバッグをチェックインします。

外国人にも分かり易いように動画で説明しているので、簡単にできます。

預け入れ荷物にシールを貼り、台に荷物を置いて、チケットと荷物のバーコードをそれぞれ手動でスキャンするだけ。

搭乗~出発

今回は午前中の出発ですが30分ほど遅れていました。

フィンランド→ストックホルム便で2時間遅れたこともあったので、冬季や夜の便は遅延がよく起こっている気が・・・

値段が安いLCCなので多少遅延が起こる覚悟は必要かもしれません。

機内サービス

・無料のWiFiあり

・有料の食事サービスあり

モニターなどはついていませんが、ノルウェー・エアシャトルのHPで映像や音楽などのコンテンツが配信されていて、ケータイで見る事ができました。

まとめ

日本から往復8万円台のフライトでフィンランドのヘルシンキまたは北欧諸国に行くことができるFINAIRが人気を集めています。

フィンランドや北欧からヨーロッパに格安に移動できるノルウェー・エアシャトルは、圧倒的に料金が安くサービスも良いのでオススメです!

日本語で予約したい場合は、LCC航空券も取り扱っている「skytiket」からネット予約できます。