ストックホルム名物「カフェトラム」で、ユールゴーデン島へ行って見よう!【時刻表・地図有】

世界有数の美しい首都と称されるストックホルムには、「カフェトラム」と呼ばれる路面電車が運航しています。

その名の通り車内がカフェになっており、北欧のコーヒーブレイクの FIKA(フィーカ)が楽しめます。

それでは、ストックホルム中心部とユールゴーデン島間を運行するカフェトラムに乗ってみましょう!

目次

カフェトラムとは

ストックホルムの一部のエリアで運行する カフェトラム(英:THE CAFÉ TRAM/ス:CAFÉVAGNEN)は、車内がカフェになっている観光トラムです。

コーヒーカップが車体の上に乗っているトラムに乗車し、市内中心部から湖沿いの美しい街並みのエリアを通り、緑あふれるユールゴーデン島へ向かいます。

カフェトラムの停留所や出発時刻、乗車料金などは、この記事最後に詳しく書いています!

運行エリア

カフェトラムの運行エリアはストックホルム中央駅やガムラスタンからも徒歩圏内のノルマルム広場 (ス:Norrmalmstorg/ノルマルムストリ)から、

ユールゴーデン島のベルマンスロ駅(ス:Bellmansro)で折り返し、またノルマルム広場まで帰ります。

カフェトラムは停車駅の好きな駅で乗り降りする事ができます。

 

今回はぐるりと1周したので、所要時間が40分ほどでした。

トラムの窓から見える街並みがとても素敵です。

トラムカフェの乗り場

トラムカフェの出発点のノルマルム広場 (Norrmalmstorg)は、ストックホルム中央駅やガムラスタンからも徒歩で約10分ほどの距離です。

王立公園やMKデパートのすぐ近くに位置します。

RIO
カフェトラム乗り場は、写真右の赤茶色のレンガの建物の前あたりにあります。

 

乗り場の前には、時刻表が設置されています。
 

カフェトラム(7Nトラム)の停車駅

Norrmalmstorg (出発点)
Nybroplan
Styrmansgatan
Djurgårdsbron
Nordiska Museet/Vasamuseet
Liljevalchs/Gröna Lund
Skansen
Skansenslingan
Djurgårdsskolan
Waldemarsudde
Bellmansro (折り返し点)

カフェトラムの乗り方

カフェトラムの車両は色んな種類があるので、どのトラムが来るかもお楽しみです。

ユールゴーデン名物のレトロトラム7Nの車両が特に人気。

今回はグリーンの車両のトラムカフェに乗車しました。

二両編成のトラムは、通常の車両とカフェ車両に分かれています。

通常のトラムの料金とは異なり、SLアクセスカード(ICカード)などは利用できません。

カフェトラムの料金の支払いは、メニューを注文する時と同じタイミングです

乗車料金とメニュー

カフェトラムの料金は通常のトラムの料金とは異なり、SLアクセスカード(ICカード)などは利用できません。

チケット料金

大人 35 kr
7-19才の子供、シニア   20 kr
7以下の子供   無料(大人と一緒に乗車)

カフェメニュー

Coffee, te, chocolate  20 SEK
Soft drinks, mineral water  25 SEK
Any pastry  25 SEK
Open-faced sandwich  30 SEK

トラムは車と同じ道路を走るので、急ブレーキをかける事もあります。

こんな感じで倒れてしまう事もあるので、炭酸飲料は避けた方がいいかもしれません(笑)

カフェトラムの時刻表

↑上はユールゴーデン島への通常のトラムの時刻表です

↓下はカフェトラムの時刻表です。

カフェトラムの運行期間

6月末~8月末:土曜日と日曜日運行 (6/23-6/24を除く)

ノルマルム広場からのカフェトラム出発時間

11.02, 11.39, 12.15, 12.50,
13.26, 14.02, 14.38, 15.14,
15.50, 16.26.

まとめ

今回はストックホルムの個性的な観光スポット「トラムカフェ」についてご紹介しました!

▼ユールゴーデン島の観光記事はこちらもオススメです!