スカンセン野外民族博物館(Skansen)で北欧の伝統文化を体験!【アクセス方法・詳細アリ】

スカンセン野外民族博物館

スカンセン野外民族博物館は、ストックホルムの中心からほど近いユールゴーデン島の美しい自然に囲まれたエリアに位置します。

伝統的な建物が並ぶ町並みが移築されており、そこでスウェーデンの文化を体験できるイベントや伝統行事が開催されています。季節に応じでクリスマスマーケットや夏至祭なども。

また北欧に住む珍しい動物達も飼育されており、観光、グルメ、ショッピングと見どころ満載です。

スカンセンは夏と冬で全く違う景色を見る事ができるので、何度も訪れたい素敵な場所です。

後半ではスカンセンへの詳しい行き方についても書きたいと思います!

目次

スカンセンとは

世界最古の野外博物館であるスカンセンは、1891年にオープンしました。

スウェーデンはかつて急速に都市化し伝統的な建物が失われつつあり、創設者で民族学者のアルトゥール・ハゼリウスがスウェーデン各地から歴史的な建物を集めました。

ストックホルム中心部にあるユールゴーデン島に位置し、都会の中心である事を思わず忘れてしまうほどの自然に囲まれています。

夏のスカンセン

夏のスカンセンではは色とりどりの花や草木が見られ、野生のクジャクやリス、鳥などを敷地内で見かけます。

伝統的な建物の中はレストランやお土産店、手工芸などの展示が行われています。

建物の扉を開けると、衣装を着たスタッフの方が昔ながらの手法でパンを作る実演をしていたり、歴史の説明をしてくれます。

現在もよく見かける木造の赤い伝統的な家から、サーミ人の住居などまで展示されています。

 

夏季はケーブルカーも運航していて、自然史博物館の隣の入り口から乗車できます。

冬のスカンセン

冬季は閉まっていますが、ケーブルカーのある入り口です。

雪が積もっているスカンセンは、おとぎ話の世界のような幻想的な風景が広がっています。

冬季は観光客が少ないので、スウェーデンの田舎町を歩いているような気分に。

季節のイベント

スカンセンでは、イースター、ヴァルボリ、夏至祭、ルチア祭、クリスマスマーケットなどの季節のイベントが多く開催されています。

詳しい日程などは公式ホームページで確認することができます。

イベントの開催スケジュールは英語ページから確認することができます。

・フォークダンス

夏季にはフォークダンスのイベントが開催されており、無料で見学できます。

民族衣装がとにかく可愛くて、思わずテンションが上がってしまいますね!

 

・聖ルチア祭

12月13日は、キリスト教の聖人の聖ルチアに扮した少女が行進し、聖名祝日祝います。

スウェーデン中の教会でルチア祭は開催されていますが、スカンセンでは有料でルチアコンサートが開催されます。

ルッセカットと呼ばれる伝統的なパンとコーヒー、ミルク粥を頂きながら観賞しました。

・ユールマーケット(クリスマスマーケット)

ルチア祭が開催される12月13日には閉まっていたのですが、ユールマーケット(クリスマスマーケット)も毎年開催されています。

スカンセンの動物

    

北欧雑貨が買える土産店

スカンセンの敷地内の Marknadsgatan(マーケット通り)には、ハンドメイドなどの小さな屋台が並んでいます。

こちらはお店のオーナーさんのハンドメイド作品を扱うお店。

同じくMarknadsgatan(マーケット通り)に面する大きなお店Logen på Bollnästorgetには、お土産にピッタリな小物などが販売されています。

また、スカンセンの入り口近くにあるお店 Skansenbutikenは、敷地外にあるので、入場しなくても買い物を楽しめます。

個性派グルメ「ヘラジカ肉のラップサンド」

   スウェーデンではヘラジカの肉も一般的によく食べられいて、ヘラジカ肉のラップサンドなんて個性的なメニューを試してみました。

90SEKなので、日本円で約1300円くらい。 やはり物価はちょっとお高めです。

スカンセンへのアクセス方法

 

 
 
スカンセンは市内中心部から近いユールゴーデン島に位置します。
 
主なアクセス方法はバス、トラム、ボート(夏季)、徒歩があります。
 

ストックホルム中心部からのアクセス方法

 

一番簡単なアクセス方法は、地下鉄ブルーラインのKungsträdgården駅すぐの トラム乗り場Stockholm Kungsträdgårdenからトラム7番に乗車し、スカンセンの目の前の停留所のSkansenで下車。

乗車時間は約10分ほど。

乗り場は王立公園とデパートのNK Stockholmの間の道にあるので、簡単に見つけることができます。

 

7番トラムに乗車する時に気をつけたい事は、乗り場にも車内にも改札がないので、 事前にチケットまたは購入しておきましょう!

ICカード(SLカード)を車掌さんが順番に回ってきて、手動でチケットを確認して行きます。 

ストックホルム中央駅からのアクセス方法

ストックホルム中央駅やTセントラーレンからもトラム駅は徒歩圏内なので、そちらの方が簡単でオススメです。

ストックホルム中央駅からスカンセンへ向かう場合には、バス+トラムを利用するか、バス+徒歩になります。

 

徒歩+トラムの場合は、ストックホルム中央駅から69番または54番に乗車し、 トラム乗り場Stockholm Kungsträdgårdenからトラム7番に乗り換えます。スカンセンの目の前の停留所のSkansenで下車。

料金はバスでICカードをスキャンしてから75分以内にトラムに乗り換えると、一回乗車分の30クローナのみです。

ストックホルム中央駅と地下鉄のTセントラーレンは隣接しているので、

Tセントラーレン→ 地下鉄ブルーラインのKungsträdgården駅下車→ 北に徒歩2分ほど歩く → トラム乗り場Stockholm Kungsträdgårdenからトラム7→Skansen で行くこともできます。

バス乗り場は、ヴァーサスタン通り(Vasagatan)に面している乗り場から乗車することができます。

ガムラスタンからのアクセス方法(夏季のみ)

 

 

ガムラスタンからスカンセンのあるユールゴーデン島へは、水上バスでのアクセスが一番簡単です。

ボート乗り場の Slussen kajen から Djurgårdsfärjan 82のボートに乗車して、グロナルンド遊園地の目の前のAllmänna grändで降りて、徒歩すぐ。

乗船時間は約10分ほど。 SLカードで一般の交通機関と同じように利用することができます。

ボートから見えるストックホルムの風景がとても美しいので、特にオススメです!

営業時間・料金

■ 時間:

3、4、10月 10:00 – 16:00

5月~6月後半 10:00 – 18:00

6月後半~8月末 10:00 – 22:00

9月 10:00 – 18:00

11月~2月  平日 10:00 – 15:00、週末 10:00 – 16:00

スカンセンの営業時間や料金は季節によって異なるので、詳しくは公式HPで確認してください。

■ 休日:無休

■料金: 125 SEK~195 SEK 

ストックホルムパスで入場可能。

 料金は季節やイベントによって異なるので、詳しくは公式HPで確認してください。ピーク時の7~8月は195 SEK。

まとめ

スカンセン野外民族博物館は北欧の文化や伝統を体験することができ、時間があればハンドメイドなどのワークショップに参加するのもオススメです。

ストックホルム観光を予定している方は、合わせてこちらの記事もどうぞ。