迷わない!ストックホルムからグスタフスベリ(Gustavsberg)へのアクセス方法

ストックホルムから東に20キロほどに位置するグスタフスベリは、陶磁器が有名な港町。

日本でも人気の陶磁器ブランドのグスタフスベリの陶磁器博物館、アウトレット、アンティークショップなどがあり、お買い物をお得に楽しむことができます。

今回は ストックホルム中心部から迷わずにグスタフスベリに行くアクセス方法をご紹介します!

目次

グスタフスベリ(Gustavsberg)へのアクセス方法

グスタフスベリへアクセスする方法は、 個人で①バスを利用する方法、②現地ボートツアーを利用する方法、③日本語で予約してツアーに参加する方法が主になります。

観光フェリーやツアーは夏季のみ(6月末~8月)営業になりますので、季節に応じて交通手段を検討してみてください!

ストックホルムからバスを利用する方法

バスターミナルの場所が少しわかりにくいので、初めて訪れる方にもわかりやすく解説したいと思います

バスターミナルの場所

セーデルマルムにあるスルッセン駅 (Slussen) からグスタフス行きバスに乗車します

スルッセンのバスターミナルは 地下鉄駅と直結しており、少しわかりにくい高架の下に位置します。

地下鉄のレッドラインまたはグリーンラインでスルッセン駅に到着したら、一番下の階のホームへ降りSlussenterminalen(スルッセン テルミナーレン)と書いた出口を目指しましょう!

グスタフスベリ行きのバス番号

バスターミナルさえ見つけたらあとは簡単!掲示板を見て乗り場を探しましょう。

グスタフスベリへは、474番バス、425番バスに乗車します。

Hpl というのはバス乗り場の場所。今回は425番バスを利用するので「D」から乗車。

※電光掲示板に載っている422番バスもグスタフスベリ行きですが、停車駅が多く1時間近くかかるので注意!

・474番バス(Hemmesta行き)

一番簡単なアクセス方法は474番バスに乗車する方法です。

このバスはスルッセン→(6つの停留所)→Farstaviken(ファーシュタヴィーケン)(グスタフスベリ工場やアウトレットの目の前のバス停)→Gustavsverg centrum (グスタフスベリ セントルム)に停車します。

・425番バス(Gustavsbergs Lugnet行き)

425番バスに乗車した場合はグスタフスベリセントルムで下車し、アウトレットや工場があるエリアまで徒歩5分ほどです。

このバスはFarstaviken(ファーシュタヴィーケン)には停車しません。

Gustavsverg centrum (グスタフスベリ セントルム)で下車し、アウトレットへは徒歩5分程。

バスの乗り方

バスに乗車するのには、SL Access Cardまたはチケットが必要です。

日本とは違ってバス料金を現金で支払うことはできませんので、事前にチケットを準備して置きましょう。

バスの前ドアから乗り込み、運転手さんの前にある機械に「ピッ」とカードをかざして乗車時に支払います。

車窓からのどかな景色を眺めていると、30分ほどであっと言う間にグスタフスベリに到着。

電光掲示板に名前が表示されたら下車ボタンを押し、真ん中または後ろの扉から下車します。

425番バスの場合はグスタフスベリセントルムで下車して徒歩5分ほどで、グスタフスベリの工場やアウトレットがある場所に到着します。

474番バスに乗車した場合は、グスタフスベリ工場のすぐ前のバス停(Farstaviken・ファーシュタヴィーケン)に停車します。

グスタフスベリから市内への帰り方

帰りはグスタフスベリ工場の目の前にあるFarstaviken(ファーシュタヴィーケン)から474番バス Slussen行きへ乗車するのが一番簡単な方法です。

グスタフスベリセントルムから425番バス Slussen(スルッセン)行きに乗車するのでも大丈夫です。

現地ボートツアーを利用

ストックホルムの様々な観光施設の共通パス「ストックホルムパス」を購入すると、グスタフスベリボートツアーに参加できます。

通常280SEKがパスを持っていると無料。事前に予約する事ができないので、当日に無料チケットを入手する。(満員の可能性がある)

ストックホルムパス(stockholmpass)
料金: 1日間 595 SEK
2日間 790 SEK
3日間 995 SEK
5日間 1295 SEK
HP:公式サイト

こちらの記事もおすすめです!