超簡単!プラハの地下鉄Mustekやトラム、鉄道の乗り方、切符の購入方法

こんにちは。スウェーデン在住のフリーライターの西崎 莉緒(@RioNishizaki)です。

チェコのプラハはヨーロッパの中でも治安が良く物価も安いので、女子旅にとてもオススメの国です!

旧市街内に宿泊すると、徒歩圏内で有名観光地へどこでも行けるほど便利ですが、プラハ城周辺やストラホフ修道院はとてつもない坂道が続くので、トラムや地下鉄の乗り方をマスターして置くと楽ちん!

それでは、早速プラハの公共交通機関の乗り方について書いて行きたいと思います!

 

鉄道の乗り方の記事はコチラをご覧ください。

 

プラハ地下鉄の基本情報

 

Pražská integrovaná doprava(PID)ページ(英語、チェコ語)

プラハの地下鉄はMustekといいA線B線C線」に分かれています。

路線図だけを見ると難しく感じますが、日本の東京や大阪の地下鉄のほうがずっと難しいです!

旧市街に近く観光客がよく利用することになる「Mustek」駅を把握しておけば、簡単に利用する事が出来ます。

乗り換えが出来る場所が「Mustek」と「Muzeum」の2か所だけなので、とても単純です。

 

チケットの種類と料金

 

プラハの公共交通機関(地下鉄、トラム、バス)は、同じチケットを使うことが出来るので大変便利です。

チケットは一回券は90分間有効の券が32コルナ、30分有効の券が24コルナです。

時間内に地下鉄、バス、トラムを乗り継ぐことが出来ます。

 

短期チケット(Short-term tickets)は、一日券110コルナ、三日券310コルナです。

※2017年現在の価格です。詳しくはこちらのページでチェックできます。

 

チケットの購入方法と乗り方

さてチケットの買い方ですが、まずは気を付けておきたい事から。

・券売機はコインのみ使えます!窓口が閉まっている時間帯は小銭を忘れないように準備して置きましょう!

・購入した切符は必ず機械で打刻すること。

 

まずは、チケットは係員のいる窓口で購入するか、券売機で購入します。

 

チケットを購入して超簡素な改札前にある打刻機にチケットを差し込み、時間を記入します。

チケットを無くさないように所持し、あとは電車に乗るだけと超簡単です!

(打刻を忘れたりチケットを所持していないと、不正乗車と見なされ罰金を科される可能性があるので要注意!)

 

 

駅には旅行者にも分かりやすい乗り換えの看板があるので、迷わず乗車出来ます。

駅も社内もとても綺麗です。治安も良く安心。

目的地に着いたら、黄色いボタンを押して扉を開けましょう。

 

トラムのチケットも地下鉄の駅で購入しておく

目的地の目の前まで行けるトラムは観光客やプラハ市民の足です。地上のトラム駅には券売機は無く、地下鉄の駅で事前にチケットや短期チケットを準備して置きましょう!

地下鉄と同じくトラムの車内にある打刻機に乗車時に打刻するだけです。

プラハ市内では、レトロな可愛いトラムと新型の二種類が運航しています。

トラムの路線図

http://stary.ropid.cz/data/Galleries/97/d895_3_en_A4_Tramvajovy_provoz_2015-12.png

お役立ちサイト

Pražská integrovaná doprava(PID)

まとめ

プラハは石畳が続く道が多く、思ったより歩き疲れることもあります。

そんな時はぜひトラムや地下鉄を使って、快適に観光して見て下さいね。

もしこのブログが役に立ったら、SNSでいいねやシェアして頂けると嬉しいです!