【徒歩で巡る】プラハ旧市街の観光スポット10カ所を隈無く歩いてみた!【地図・詳細アリ】

ヨーロッパの中欧に位置するチェコは、治安良好!物価安で一人旅にもぴったりの国。

首都のプラハの旧市街は中世からの歴史的な建築が残り、街自体が世界遺産に登録されています。

カラフルな街並みに高い塔が並ぶ旧市街は まさに「おとぎの国」のような美しさです。

今回は旧市街の観光スポットを隈無く歩いてきました。地図や詳細情報と共に振り返りたいと思います!

プラハ旧市街観光の目次

プラハ旧市街へのアクセス方法

プラハの観光地エリアは、ざっくり分けると「プラハ旧市街周辺」「プラハ城エリア」「新市街」に主要スポットが集まっており、少なくても3日の滞在日数は組みたいところ。

効率的に観光地するのには、この日はこのエリア!と決めて巡るのがおすすめです。

旧市街エリアからプラハ観光をスタートしました。

ヴァーツラフ・ハヴェル・プラハ国際空港から旧市街までは、タクシーやシャトルで約30分ほど。

地下鉄のA線とB線が交差する「Můstek駅」、プラハ中央駅(Praha hlavní nádraží)が利用する機会が多い駅なので、覚えて置くと便利。

詳しくは別記事をどうぞ。

旧市街広場

プラハ観光の中心地となる旧市街広場は、カラフルな建物が並びプラハで最も美しい街並みと言える場所です。現実を忘れそうなほど綺麗♡

広場には旧市庁舎やティーン教会、聖ミクラーシュ教会などが面しており、プラハ旧市街観光の拠点になります。

食べ物やお土産の屋台が並び、個性的なストリートパフォーマーの姿があり、観光客でに賑わっています。

※ちなみに、量り売りのハムの屋台のぼったくりに注意です!

旧市街広場(Old Town Square)
■アクセス:地下鉄Můstek駅から徒歩8 分程、Staroměstská駅から徒歩5分
■地図:https://goo.gl/maps/vJcczGgEjBz

天文時計

15世紀に建てられたゴシック様式の旧市庁舎は、かの有名な天文時計がある場所。9時~21時の毎時ちょうどにからくり時計が動き出します。

かつて天文時計のあまりの素晴らしさに、他の都市からも是非作って欲しいという引き抜きの声があり、作者のハヌシュは目をつぶされてしまったという恐ろしい伝説が残されています。

旧市庁舎の展望台

隣接する建物と一体化した個性的な旧市庁舎の塔は、プラハを一望できる絶景スポットです。チケットを購入する場所は塔のすぐ下、入場するのは左にある建物から。

ヨーロッパの古い建物はエレベーターが無いことが多いのですが、旧市庁舎はエレベーターで塔の上まで簡単に登ることができましたよ。

プラハは「百塔の街」と呼ばれるだけあり、高い塔が沢山あります。カラフルな建物とオレンジ屋根が本当に綺麗でした。

旧市庁舎の展望台は、プラハ観光で絶対に外せないスポットの一つです!

旧市庁舎の塔(Staroměstská radnice)
■時間:9:00-22:00(月曜日は11:00から)
■定休日:無休
■料金:130CZK
■HP:公式サイト
■アクセス:旧市街広場前
■地図:https://goo.gl/maps/UfZBMW2e4wr

ティーン教会

旧市街広場を挟んで旧市庁舎の向かいにあるゴシック様式のティーン教会は、幻想的な二つの尖塔が印象的な教会。絵本の世界のお城?魔女の家?のイメージのような可愛い外観をしています。

ティーン教会が現在の姿になったのは14世紀半ばで、注目したいポイントは教会を囲む様に建てられた建物 。

15世紀にフス戦争が勃発し、フス派の本拠地であったティーン教会はその後カトリックに改宗し、フス派の人が侵入できないように建物で囲われてしまったのです。

ティーン教会(Chrám Matky Boží před Týnem)
■時間:10:00-13:00、15:00-17:00、日曜10:30-12:00
■定休日:月曜日
■料金:無料
■HP:http://www.tyn.cz/cz/
■アクセス:旧市街広場前
■地図:https://goo.gl/maps/sNGBiyZQFo72

聖ミクラーシュ教会

旧市街広場に面する聖ミクラーシュ教会はバロック様式の可憐な外観の教会。

プラハには様々な建築様式の建物が保存されており「建築博物館」と表現されるほどです。

内部のフレスコ画やシャンデリアがとても華やかな教会です。

聖ミクラーシュ教会(Chrám svatého Mikuláše)
■時間:10:00-16:00
■定休日:無休
■料金:無料
■HP:http://www.svmikulas.cz/cz/
■アクセス:旧市街広場前
■地図:https://goo.gl/maps/k7YkyQViTW72

ハヴェル市場

旧市街中心部にあるハヴェル市場は、プラハで一番古いと言われる800年の歴史を持つ青空マーケット。新鮮な果物からチェコ土産まで、ずらりと小さな屋台が並びます。とにかくフォトジェニックで可愛い空間♡

チェコの民芸品のマリオネットや天文時計をモチーフとしたオブジェが沢山販売されていましたよ。

ハヴェル市場(Havelské tržiště)
■時間:6:00-18:00
■アクセス:地下鉄Můstek駅から徒歩3分
■地図:https://goo.gl/maps/2ixJLiuYFS32

王の道からカレル橋へ

プラハ旧市街には歴代の王の戴冠パレードが行われた「王の道」があり、火薬塔からカレル橋を渡りプラハ城までの2500メートルに渡って続いています。

王の道沿いの建物はひと際華やかな建物が続き、お土産店さんやレストランも沢山営業しています。

カレル橋
■アクセス: 旧市街広場から徒歩8分ほど
■地図:https://goo.gl/maps/crJ7bj29jg12

ユダヤ人地区「ヨゼフォフ」

東欧最大のユダヤ人地区であるプラハのヨゼフォフは、ユダヤ教徒の祈りの場のシナゴーグや史跡が多く残されている場所。

小さな区画に見どころが凝縮されているので、じっくりと見学したいスポットです。

ユダヤ人地区・ヨゼフォフ
■アクセス:地下鉄Staroměstská駅下車すぐ
■地図:https://goo.gl/maps/gFaicC9Cemo

市民会館

火薬塔のすぐ近くにある市民会館はアールヌーヴォ様式の華やかな建物で、1918年にチェコスロバキアの独立宣言がされた場所。

元々は宮殿があった場所で、内部にはプラハの春国際音楽祭の会場となるスメタナホールやレストランが入っています。

市民会館(Obecní dům)
■時間:10:00-20:00
■料金:270CZK(ガイドツアーのみ入場可)
■HP:http://www.obecnidum.cz/en/
■アクセス:地下鉄Náměstí Republikyから徒歩5分、旧市街広場から徒歩5分程
■地図:https://goo.gl/maps/VjDCHkJuV3o

火薬塔

旧市街広場から続く通りを進むと、黒ずんだ重厚感のある石の塔が見えてきます。

15世紀に建てられたゴシック様式の旧市街の門でしたが17世紀に火薬倉庫として使われることになった為、この名で呼ばれています。

火薬塔を通り抜けると、旧市街が終わり新市街へ続く道へ。

火薬塔(Prašná brána)
■地図:https://goo.gl/maps/yTn2zxcg41x

プラハ旧市街の地図

まとめ

プラハ旧市街は石畳が続き思ったより歩き疲れてしまったよ。

旧市街エリアのホテルに宿泊して、幻想的な夜のライトアップまで一日を満喫しませんか?

TripAdvisor (トリップアドバイザー)は200以上の予約サイトの料金を比較できるサイト。booking.com・Expedia・agoda・Hotels.comなどの中から一括で最安価格を探せます。