【保存版】プラハからクトナーホラへのアクセス、チケット購入、電車の乗り方など

チェコの中央ボヘミア地方に位置するクトナーホラは、世界遺産に登録されている美しい街。プラハから鉄道での日帰り観光も可能なので、チェコ旅行で訪れたいスポット。

今回はプラハ⇔クトナーホラの移動方法クトナーホラから市街地へのバス移動の方法などをご紹介します。

RIO
乗り換えなしの電車を使うと、1時間程で到着するのでアクセスは簡単でしたよ!

プラハからクトナーホラへのアクセス方法

 

プラハからクトナーホラへは、プラハ本駅(Praha hl.n.)からクトナーホラ本駅(Kutná Hora hl.n)までは、チェコ鉄道に乗車する方法が簡単です。

チケットは当日購入が可能、片道108コルナ、所要時間1時間程。

電車は1時間に1本の運行で、直通電車は2時間に1本です。

チェコ鉄道のホームページから時刻表を確認することが出来ます。

チェコ鉄道
HP https://old.cd.cz/en/default.htm

チェコ鉄道の時刻表の見方

チェコ鉄道のホームページはチェコ語と英語対応です。

まずはトップページにアクセスします。

①出発地の「Praha hl.n」、②到着地「Kutná Hora hl.n」を入力

③日程と時間帯を入力

④選択した時間帯は、出発時刻(Departure)か到着時刻(Arrival)か選ぶ。

Searchボタンをクリックして次へ進む。

直通電車とコーリン駅(Kolín)での乗り換え電車の2パターンが表示されています。

⑤が電車番号になります。クリックすると停車駅情報が見れます。

⑥コーリンは、クトナーホラの手前の駅です。乗り換え電車でも、特に難しくはありません。

RIO
クトナーホラは見どころが満載です!日帰り観光の場合は、朝の9時頃にはプラハを出発しておきたいところ。

プラハ本駅でのチケット購入方法

プラハ本駅は、旧市街地区から徒歩圏内です。プラハ本駅は重厚感のあるレンガ作りの建物で、煌びやかなホールがある入り口から入った場合は、エスカレーターで下のチケット売り場のある階へ移動します。一番下の階にあるチェコ鉄道(České dráhy)のチケット売り場。青色の「ČD,」と書いた看板が目印です。

旧市街から歩いてくる場合は直結している地下鉄のHlavní nádraží駅側の入り口から入ると、チケット売り場がすぐです。

ホームページで調べた便のスケジュールのスクリーンショットを見せると、英語が話せないスタッフに万が一当たっても安心。
片道108コルナ

プラハ本駅
Google Map https://goo.gl/maps/oBUWwP5dP422

電車の乗り方

2017年春の時点で、プラハ本駅は一部改装中でした。そのためホーム全体が見渡せず、乗り場を探すのが少し大変でした。
時間に余裕を持って、乗車することがおすすめです。

改札は無く、切符は車内で車掌さんがチェックしていました。

クトナーホラ本駅の観光案内所

クトナーホラ駅には観光案内所があり、無料で日本語のパンフレットを貰うことが出来ます。市内へのバスのアクセス方法など、わからないことがあれば活用してみましょう!

クトナーホラ本駅
Google Map https://goo.gl/maps/YGsri511UZD2

セドレツ地区へのアクセス方法

クトナーホラ本駅から、セドレツ納骨堂や聖母マリア大聖堂のあるセドレツ地区は徒歩15分ほどの距離です。

聖母マリア大聖堂の最寄りのバス停(Sedlec,Tabak)があるのでバス利用もできますが、待ち時間が長いようであれば歩くのもアリ。
平日は30分に1本の間隔で運行していました。土日は運行が少ないよう。バスの時刻表の写真です。

聖バルバラ教会と歴史地区へのアクセス方法

クトナーホラ本駅からは、観光客に便利な市内をぐるりと循環する1番バス(平日)に乗車すると便利です。休日は7番バスに乗車。

バスの乗車方法は前から乗車し、運転手さんから1回チケットを購入します。料金は一回券12コルナ

必ずコインを用意して置きましょう!

車内アナウンスも無く停留所も小さいので、運転手さんに行きたい場所を伝えて置くと安心。
聖バルバラ教会の最寄りのバス停は(Centrum)です。

RIO
私が乗車した際は、チェコ語しか話さない年配の運転手さんだったので、案内所で貰った地図が役立ちました。バス停の場所も地図に載っています。

まとめ

今回はクトナーホラのアクセス情報を中心に記事を書きました。観光スポットや旅行記なども書いているので、気になる方はぜひご覧ください!