【チェコ旅行記】クトナーホラ日帰り観光!想像以上に凄かった世界遺産の町

チェコのプラハ滞在中に、プラハから一時間ほどの距離の「クトナーホラ」という世界遺産の町を訪ねました。

日本語のガイドブックでは小さく紹介されているだけの町ですが、実際に訪れて見るとかなり見応えのある町です。

ガイコツだらけの恐怖の教会「セドレツ納骨堂」や、曲線美が素晴らしい「聖バルバラ教会」、見た目と中身のギャップがスゴイ「聖母マリア大聖堂」などを中心の観光名所や、町歩きをして「フォトジェニックなスポット」を開拓して来ました。

RIO
それでは、今回も私が実際に訪れた観光スポットや名所やアクセス情報などをご紹介していきます!

プラハからのアクセス方法

クトナーホラは、中部ボヘミア地方に位置する小さな田舎町です。プラハ中央駅から鉄道で1時間ほどでアクセスする事ができ、直通電車は約2時間に1本の運行です

クトナーホラへのアクセス方法や、観光に便利な市バス乗車方法などの詳しいアクセス方法は別記事に書いています!

聖バルバラ教会のあまりの迫力に感動

クトナーホラ本駅からは、バスを使って移動しました。バルボラの最寄りのバス停は、Centrum駅です。

聖バルバラ教会の見どころは、屋根の曲線美と繊細なレリーフ、そして内部のフレスコ画です。ヨーロッパを周遊旅行をしていると、古い建物や世界遺産を見過ぎて感動のバロメーターが鈍くなってきますが、あまりの凄さに絶句しました。

教会内は中央の祭壇をぐるりと囲むように回廊があり、小さな礼拝所や祭壇が並んでいます。天井のフレスコ画も相当な古さです。

クトナーホラは、かつて銀鉱脈が発見され急速に発展を遂げた町です。当時ヨーロッパの銀の3分の1を産出しており、ボヘミア王国の財政を支えていました。
プラハに次ぐ都市として繁栄していた歴史を持ちますが、その後銀が枯渇し衰退の歴史を辿ります。

その為、町には古い街並がそのまま残り、時が止まったような静かさを持ち合わせています。

聖バルバラ教会は、鉱山で働く工夫の守護聖女バルバラが祭られており、市民の寄付で建てられました。工夫の教会や工夫像にも注目して見て下さい。

中央礼拝堂の柱の上には迫力満点の聖人像がずらりと並び、こちらを見ているように感じました。鳥肌が立つほどの神秘的な空間です。

聖バルボラ教会(Chrám svaté Barbory)
Google Map https://goo.gl/maps/gjjD9gYXXhB2

Fish and Tipsに聖バルボラ教会の記事を書いたので、気になる方はどうぞ!

 

歴史地区内はフォトジェニックなスポットの連続

クトナーホラの特に気に入ったところは、プラハと違って人が少ないこと。たまに観光バスで乗り付けるアジア人団体客を見かけるものの、細い路地に一本入るだけで、誰もいない世界が広がっています。こんな絶景を独り占め!

カラフルな建物が並ぶパラツキー広場周辺には、オシャレなレストランやカフェが何軒かありましたよ。この通りはペスト柱(Plague column)のある広場すぐ。

Plague column
Google map https://goo.gl/maps/AFWR2a85EQH2 

片目のネコについて行くと・・・そこは絶景スポットでした!

旅先で出会ったネコについて路地に入って行くのが、ちょっとした最近のマイブーム。

路地裏で片目の黒猫が近づいてきました。不思議と片目だけど、怖さが無く可愛いネコ。

暇だったのか遊んで欲しいのか、近づいて来ては離れていくという繰り返し。ネコについて行くうちに、隠れた絶景スポットを発見しました。
この城壁の下から見上げる聖バルボラ大聖堂は、特に素敵です。

RIO

私は妄想癖があるので、もし私が中世のクトナーホラで生まれていたらって設定で一人で妄想が膨らみます。

きっとこのブドウ畑で農作業をしながら、見上げると広がる煌びやかな世界に憧れていたでしょう。
たぶん父親は銀鉱山で働く労働者で、家事と畑を手伝っている健気な娘って設定?

MARIKO (妹)
アラサーで娘って設定は無理があるでしょ!

 

展望台(tVyhlídka u sv. Jakuba)
Google map   https://goo.gl/maps/VFJ47HurJAJ2

 

一人でも気軽に入れるオシャレなレストラン

パラツキー広場の近くにあるハルモニアは、中庭がとっても可愛いレストランです。カフェ営業もしているので、一人でも全然OK。

店内もカラフルでフォトジェニックな空間ですが、外のテラス席に座りました。

チェコの定番料理の鶏肉のソテーを注文。200コルネとリーズナブル価格でした。

フリーWIFIがあるので、ランチをしながら情報収集するのに最適です。

レストラン・ハルモニア(Restaurant – Café HARMONIA)
Google Map https://goo.gl/maps/CDj282FW4VL2
HP http://www.restaurantharmonia.cz/home/

歴史地区内で気に入った場所

クトナーホラの素晴らしいの所は、街の至る所に当時の面影が手つかずで残っていること。

チェコ建築で一般的な「だまし絵」のある壁の家や、装飾が豪華な建物が数多く見られます。

ちょっと地味な場所ですが、私が密かに気に入ったのは石の噴水です。

15世紀後半にクトナホラの水道設備の一部として建設されたもので、確かに水が汲める場所があります。この時代から水道設備が整っていたことが、クトナーホラの繁栄ぶりを伺えますね。

石の泉(Kamenná kašna)
Google Map https://goo.gl/maps/Huu5gA92ZiA2

バス停に注意!セドレツ地区へバスで移動

クトナーホラ歴史地区からセドレツ地区へは、バスで移動しました。行きに使ったバスと同じなのですが、地図に載っているバス停(Travel Holic地図・バス停A)は、待っても待ってもバスが来ません。

そこで親切なおばあさんがチェコ語とジェスチャーだけで、このバス停ではなく少し歩いた次のバス停から乗りなさいと、どうやら言っている。

RIO
んん?私って語学力よりジェスチャー力の方が高いかも?

チェコ人はとても親切な人が多くて英語が喋れない人でも、必死で手伝ってくれようとする姿に感動します。ブログ最後の地図にバス停地図を乗せているので、もしバスが来なかったらバス停Bに行って見てください。

ゴスロリカップルの聖地?セドレツ納骨堂

バックパッカーの隠れた人気スポットセドレツ納骨堂は、無数の骸骨で飾られた恐怖の教会。写真で見たときから物凄い存在感放っていましたが、実物はさらに迫力満点でした。

ガイコツのシャンデリアって、アニメの悪役が住んでいるお城とかにしかないですよね!スゴイ!

そしてそんなセドレツ納骨堂の雰囲気をより一層と不気味に感じさせたのは、ゴスロリ御一行様。

バンドマンの様な風貌の全身黒ずくめの男性、フリフリのワンピースを着たドールの様な女性のカップル。さらにその友人と思われるゴスロリ軍団が、撮影大会? のように本格的なポーズを決めて撮影していました。

確かにゴスロリの世界観を表現するぴったりなスポットですよね!なかなか面白いものを見させてもらいました。

セドレツ納骨堂(Kostnice Sedlec)
Google Map https://goo.gl/maps/7pY3zjoNi3u

セドレツ納骨堂の詳しい記事はFish and tips に執筆しました!

聖母マリア大聖堂はギャップがスゴイ

聖母マリア大聖堂は一見ごく普通の外観の教会ですが、 一歩足を踏み入れてみると雰囲気が全く異なり驚きました。

光の教会呼ばれているだけあり、大きなガラス窓から入る光で溢れてます。

聖母マリア大聖堂(Chrám Nanebevzetí Panny Marie)
Google Map https://goo.gl/maps/JaMDG5qckck

詳しくはGo tripで記事を執筆したので、気になる方は、チェックして見て下さい。

 

今回訪れた場所の地図

まとめ

駆け足で半日観光したクトナーホラの街ですが、予想外に見どころが満載で随分と走り回りました。
プラハから日帰り観光をする場合は、朝の9時頃には出発しておくことをおすすめします!

クトナーホラのおすすめスポットなどは、別記事で詳しくするので、ぜひご覧ください!