シェーンブルン宮殿へウィーン中心部からのアクセス方法

ハプスブルク家の夏の離宮シェーンブルン宮殿は、世界遺産の美しい宮殿。

テレジアンイエローの宮殿に、美しい中庭、不思議な迷宮庭園、世界最古の動物園など見所が満載です。

シェーンブルン宮殿はウィーン歴史地区から地下鉄で一本でアクセスできるので、ツアーを利用しなくても個人旅行で十分でした。

RIO

トラムやバスでアクセスもできますが、今回は一番簡単な地下鉄を利用しましたので、地下鉄を使ったアクセス方法をご紹介します。

目次

シェーンブルン宮殿の最寄り駅

ウィーンの西側に位置するシェーンブルン宮殿(Schloß Schönbrunn)は、市内中心部のウィーン歴史地区から地下鉄一本でアクセスすることができます。

ウィーンの地下鉄は簡単に利用することができるので、個人旅行にもおすすめ。

シェーンブル宮殿の最寄り駅は、地下鉄4号線(U4)のシェーンブルン駅(Schönbrunn)で、駅から徒歩すぐです。

市内中心部からのアクセス方法

カールスプラッツ駅(Karlsplatz)

 

ウィーンの観光の目玉は、国立歌劇場やシュテファン大聖堂のあるウィーン歴史地区です。

歴史地区の最寄り駅の「カールスプラッツ駅(Karlsplatz)」は、地下鉄1号線(U1)、2号線(U2)、4号線(U4)、ウィーン地方鉄道が停車する駅。

カールスプラッツ駅からシェーンブルン駅までは4号線を利用すると乗り換えなしで17分です。

駅の周辺は公園になっており、非常に美しい景観が広がっています。すぐ近くのカールス教会(Karlskirche)にもぜひ立ち寄って見て下さい。

シュタットパーク駅(Stadtpark)

今回宿泊したホテルはカールスプラッツ駅から一駅先の4号線シュタットパーク駅(Stadtpark)すぐでしたので、ここから地下鉄に乗車。

市立公園に面する駅ですが、駅の建物がレトロで可愛すぎて感動しました♡

地下鉄の乗り方、チケットの購入方法

地下鉄の乗り方は切符の購入方法は、こちらの記事をどうぞ。

 

チケットは簡単に買う事ができるので、行先の方面を間違えなかったら大丈夫です。

シェーンブルンへ行くのは「Hütteldorf」方面の電車に乗車。歴史地区方面へ帰る時は、反対の「Heiligenstadt Bf」方面です。

電車を降りる時はドアは手動でオープンするタイプなので、降り損ねないでくださいねw

シェーンブルン駅から宮殿まで

シェーンブルン駅から宮殿正面入り口までは、ゆっくり歩いて徒歩10分ほどでした。

電車を降りたら観光客だらけなので、迷わずに行くことができます。

シェーンブルン宮殿は見どころが多くあるので、午前中から訪れるのがオススメです。

まとめ

いかがでしたか?今回はウィーン中心部からシェーンブルン宮殿へのアクセス方法をご紹介しました。ぜひ合わせてこちらの記事もどうぞ。